>  > 六本木キャバクラの店長に感謝!

六本木キャバクラの店長に感謝!

去年の年末、付き合っていた彼氏にプロポーズをされました。結婚式の話し合いや新居の話し合いなど、彼と二人でこれからの生活について話すのがとても幸せな時間でした。いろいろと決めたりしないといけなくて忙しくなった頃、彼の仕事も忙しくなってしまい、六本木に買った新築のマンションについてはほとんど私が決めました。契約が終わって家具を買うときも、カードを持っていない彼ではなく一旦私がカードで全部支払いをしていました。家具や家電が揃いやっと一緒に暮らせるとなったときは達成感で一杯でした。でも、彼はそのまま音信不通になってしまったんです。入籍は結婚式の日に一緒に出しに行こうって決めたのでまだ籍も入れておらず、私に残されたのは六本木のマンションや家具、家電などの支払いだけでした。それから私はとりあえず借金を返すために六本木キャバクラ求人をあたって体入に行き、OLとキャバ嬢の二足のわらじを履くようになりました。騙された私が悪いわけだし、結果として何か盗られたわけでもないので、結局泣き寝入り。一人で借金を返すだけの生活になりました。私を受け入れてくれて体入させてくれたキャバクラの店長には感謝してます。

[ 2017-01-10 ]

カテゴリ: キャバクラ 体入